サイトロゴ

札幌のアロマ・セラピスト・マッサージのお仕事情報

サイトロゴ

札幌のアロマ・セラピスト・マッサージのお仕事情報

セラピストのお仕事を知る

HOME | セラピストのお仕事を知る

セラピストの仕事と流れ

セラピストが担当する仕事は大きく次の3つです。
 

  • 受付・カウンセリング
  • 施術
  • アフターカウンセリング

 
どの仕事も重要ですので、それぞれのポイントを押さえておきましょう。

カウンセリングを受ける中高年の女性とセラピストスタッフ

受付・カウンセリングもセラピストの仕事

受付・カウンセリングもセラピストの仕事

受付やカウンセリングもセラピストの仕事です。アロマトリートメントやタイ古式マッサージはお客様の体に触れるため、施術前にお客様の状態を把握することが欠かせません。カウンセリングを行う目的は次のとおりです。
 
・お客様の悩みを解決するため
・施術の内容をお客様に把握してもらうため
・コミュニケーションを図るため
 
カウンセリングでは施術を受けるにあたってお客様が気になっていることをヒアリングして、解決してあげるように努めます。合わせて施術の内容をお客様に伝えることも大切です。施術内容が分かり、悩みを把握してもらえることでお客様も安心して施術を受けられるでしょう。また、カウンセリングはお客様とコミュニケーションを図るためにも欠かせない時間です。セラピストと距離が縮まることで、お客様はリラックスして施術に臨めます。

 

カウンセリングに基づく施術

カウンセリングを終えたら、お客様から聞いた情報をもとに施術を進めていきます。施術はお客様に以下のような点を確認しながら、進めていきましょう。
 
・施術の力加減
・集中的に施術して欲しいところ
 
なかには、施術の力加減や集中的に施術して欲しいところをセラピストに伝えるのを遠慮してしまうお客様もいます。そのため、セラピストはお客様の首や肩のコリの状況などを観察しながら施術することが大切です。
 

施術中のミドルカウンセリングも重要

施術には、施術中のミドルカウンセリングも重要になってきます。施術前のカウンセリングで得た情報と施術してみた状況とを確認するのがミドルカウンセリングです。ミドルカウンセリングでポイントになるのは、共感と確認です。具体的には次のような声掛けをしてみましょう。
 
・カウンセリングで伺った悩みはこの箇所ですね
・確かにおっしゃっていたとおりコリがありますね
 
なお、なかには静かに施術を受けたいお客様もいるため、言葉選びには注意が必要です。

マッサージベッドでエステの施術を受ける若い女性

カウンセリングに基づく施術

エステ後のアフターカウンセリングする白衣を着たセラピスト女性(肌チェック)

施術後のアフターカウンセリング

施術後のアフターカウンセリング

施術後のアフターカウンセリングもセラピストの仕事です。施術後に肌や体の状態をお客様に確認して、悩みや気になることを解消することがアフターカウンセリングの目的です。ミドルカウンセリングが共感と確認がポイントなのに対して、アフターカウンセリングは変化を感じてもうらことがポイントです。そのため、次のような言葉を投げかけてみましょう。
 
・すっきりしたようなところはありますか?
・コリが少しほぐれたのではないですか?
 

アフターカウンセリングは次につなげるために重要な仕事

アフターカウンセリングは、お客様にまた利用してもらうために必要な仕事でもあります。以下のように、お客様の悩みを解決するのに適した提案をして、次の利用につなげましょう。
 
・今後は兆候が出る前に受けると効果的ですよ
・継続してもらうとより効果を実感できますよ
 
しかし、あまりしつこく提案してしまうと、お客様に不快感を与えてしまうので注意しましょう。
 

 

仕事内容を把握してセラピストとして活躍しよう

セラピストの主な仕事内容は受付からカウンセリング、施術、術後のカウンセリングです。特にカウンセリングは術前、術中、術後といった段階によって変化を加えるようにしましょう。セラピストとして勤務することで、お客様から感謝の言葉をもらえる、お客様の疲れを癒せるといったやりがいを感じられます。セラピストになるには専門の学校で学ぶか独学で学ぶかに分かれます。どちらにしても、アロマテラピー検定やアロマリンパセラピスト プラクティカル資格、カイロプラクターなどの資格を取得していることで、仕事を探しやすいうえにお客様へのスキルアピールにもつながるでしょう。